サプリメント

プロテインのおすすめの保存方法 〜ダニの対策をちゃんとしましょう〜

プロテインを適切に保存するおすすめの保存方法を紹介!
粉物サプリメントはダニの繁殖の対策が必須ですよ!

Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、筋トレ臨床工学技士ブロガーkenです。

本日は筋肉を効率的につけるのにはもちろん、上手く使えばダイエットにも一役を担うプロテイン、
そのおすすめの保存方法についてご紹介していきます。

 

プロテイン初心者さんはこちらでわかりやすくまとめてます

 

初心者向けプロテインのおすすめ5選はこちらです

 

 

皆さんはプロテインを開封後、どのように保存されていますか?

「チャックをしっかりして閉めておけばそのまま保存しても大丈夫でしょ」

とお考えの方は要注意です。

 

プロテイン含む粉物の常温保存は、ダニの混入、繁殖の危険があります。
チャックで閉めていてもです。

プロテイン等にダニが混入して、それを気づかず飲んでしまうことで、アレルギー症状を引き起こしたり、
最悪の場合、アナフィラキシーショックを引き起こし、死に至る場合もあります。
お好み焼き粉によるアナフィラキシーショック

 

死までは無くても、筋肉つけたいのに体調を悪くしてはもってのほかです。

では開封後のプロテインのダニの混入を防ぐためにはどのような保存方法が適しているのか?

おすすめの方法を写真とともに紹介していきます。

それでは本日もよろしくお願いします。

 

プロテインにダニが混入してしまう理由

ダニの大きさは約0.3~0.5ミリメートルと非常に小さいため、袋のチャックのわずかな隙間、パッキンなどの柔らかい素材の物の隙間などから侵入できてしまいます。

袋のチャックや、輪ゴムで止める、クリップで止めるなどの方法ではダニの侵入を防ぐことはできないということになります。

 

プロテインに混入したダニはものすごい勢いで繁殖する

ダニの繁殖条件として

  1. エサ
    カビ、人のあか、食べ物などをえさとしています。でんぷんやタンパク質、旨み成分等を含むお好み焼き粉やホットケーキミックスはダニの格好のえさとなります。
  2. もぐる場所
    家庭内では畳やじゅうたんなどに多く生息すると言われているように、狭くてもぐることができる場所を好みます。こうした場所は卵を産むのに適していてダニが住みやすくなっています。
  3. 温度・湿度
    温度は25~30℃、湿度は60~80%を好みます。適度な温度と湿度のある台所は、ダニが発生しやすい環境となっています。

出典:食品衛生の窓 東京都の食品安全衛生サイト

条件1のエサについて、お好み焼き粉ですら繁殖を促してしまうのですから、
良質なタンパク質そのもの、必須アミノ酸の塊のプロテインなんて、どえらい勢いで繁殖してしまうのが容易に想像できてしまいますね。

お、恐ろしすぎる・・・

どのように気をつければよいか

開封後はなるべく早く消費

お好み焼き粉などはなるべく開けたら使い切りることが推奨されています。

ただ、プロテインに関しては開封して使い切るということは基本的にはありませんよね。

特にプロテインはなるべく大容量で買う方がお得になるので、この開けたら使い切るという方法は現実的ではありませんね。

ゼリータイプのプロテインに切り替えるとこの問題は解決できますが、コスパが非常に悪いです。
(とはいえ、プロテインを飲む頻度が少ない人の場合はありかもしれません)

 

密閉容器に移し、冷蔵保存する

自分はこの方法を取り入れました。

密閉容器に入れて冷蔵庫に保存すれば、ダニの混入の確率は格段に減ります。

また、低温の状態ではダニは繁殖できません。

 

自分は100円ショップで購入してきました。

 

購入後、洗ってドライヤーでしっかり乾燥(湿気も大敵です)

 

その後移し替えます。(左からプロテイン、BCAA、グルタミンです)

 

そのまま冷蔵庫にin(テプラ等でラベリングすればわかりやすくていいですね)

 

これで温度と湿度
容器と冷蔵庫の二重に密閉

ダニ対策はバッチリなはずです。

created by Rinker
岩崎工業(Iwasaki Industry Inc.)
¥321
(2018/09/21 11:54:27時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タケヤ化学工業(Takeyakagaku)
¥469
(2018/09/21 11:54:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに、ダニは低温状態で繁殖はしませんが、冬眠状態となり、死滅するわけではないようです。

またダニの死骸もアレルギーの原因となるので、常温保存が長いものはもういっそのこと捨てて、新しい物を買ってすぐに冷蔵保存にしましょう。

 

まとめ

・プロテイン等の粉物サプリメントは買ってすぐ、清潔な密閉容器に移し替え冷蔵保存しましょう!

・常温保存ではダニの侵入、繁殖の可能性大です!

・プロテインに紛れたダニを摂取してしまうことで、アレルギー症状、最悪の場合アナフィラキシーショックによる死亡例もあるため侮れません!

以上です。

 

プロテインで筋肉をつけたいのに体を壊してしまっては元も子もないですよね。

特に今の時期は暑い、湿度が高いため食品衛生には特に気を付けましょう!

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

ken